Responsive image
午前 9:00-12:00 | 午後 15:00-17:30(受付 14:30-17:30)
電話番号 | 044-948-5601 

宮前白百合クリニック(旧 竹中医院)は川崎市宮前区菅生にあるクリニックです。

大腸カメラとは肛門から内視鏡を入れて、大腸の様子を直接観察する検査のことを言います。

大腸カメラはどのような人が受けた方がよいのか

大腸がんなどのスクリーニング目的で、40歳を超えた人にはおすすめしています。食生活の欧米化によって、大腸がんが増え続けていますが、早期に発見すれば治療可能であるため、健康管理の観点からも大腸カメラをおすすめします。

また、下記のような症状が出た場合には、大腸カメラを推奨します。

・便潜血が陽性になった
・急に便秘になった、便秘がひどくなった
・便が細くなった
・便に血や粘液が混ざる
・血縁者に大腸ガン患者がいる

よく人間ドックにて大腸ガンのスクリーニング目的で便潜血検査を行っていますが、便潜血が陰性だったからといって、大腸ガンがないかというとそうではありません。あくまで簡易的なスクリーニング検査ですので、注意が必要です。

大腸カメラの検査の準備

・検査を安全に行うために採血を行います
・血液をサラサラにする薬などを飲んでいる場合はご相談ください。場合によってはいったん止めてもらう可能性があります。
・検査前日の夕食は9時ごろまでにとってください。それ以降も水であれば問題ありません。
・前日の晩に下剤を飲みます

大腸カメラの検査当日の手順

・腸管洗浄剤を飲みます
・便が透明になったら検査を行います
・肛門から内視鏡を入れて大腸を観察していき明日。炎症や潰瘍がないかを確かめます。がんやその他の病気が疑われるような所見があった場合は組織を取り出して検査(生検)を行います

検査自体は30分程度で終了します

大腸カメラを行う場合は、鎮静剤を使用しますので、その日は運転などはせず、仕事もなるべくお休みするようにしてください

大腸カメラの検査費用の目安

3割の自己負担で6千円程度(検査のみの場合)
1-2万円(炎症や潰瘍などが見つかって検査をした場合)

診察案内
宮前白百合クリニック
川崎市宮前区菅生5-5-21